初夜ネタ  エロなし


セラヴィー「とうとう、どろしーちゃんとこんなことができるなんてうれしいです。どろしーちゃんも初めてでしょうから優しくしますね」
どろしー「私、初めてじゃないわよ?」



セラヴィー「……え?今なんと言いましたか?」


どろしー「だーかーら、初めてじゃないって」
セラヴィー「ほ、ほ、ほ、ほ、ほ、ほ本当ですか?!だ、だ、だ、だ、だ、誰とです?!」
どろしー「誰でもいいじゃない。昔のことよ」
セラヴィー「でも、そんなとき無かったじゃないですか?!」
どろしー「あんたずっと私を見張ってたわけじゃないでしょ?」
セラヴィー「だって、どろしーちゃんに言い寄る男は全員始末しました!!」
どろしー「あんた……そんなことやっていたの?じゃあ、全員始末できなかったって
     ことね」
セラヴィー「う、う、う、う嘘です!嘘に決まってます!!」
どろしー「ほーほっほっほっほ!!誰があんたなんかに処女をあげるものですか!!」
セラヴィー「う、嘘ばっか言って!!見栄はってみっともないですよ!」
どろしー「見栄じゃないわよ……」




セラヴィー「うう……じゃあ、魔法で処女膜復活させます」
どろしー「膜が復活しても他の男が挿入ったのは事実よ」
セラヴィー「なら、記憶も操作します!!」






セラヴィーは処女にこだわりそう……