結婚初夜。チャチャとリーヤは、途方に暮れていた。
「リーヤぁ。大丈夫?。」
チャチャが心配そうにリーヤの顔を覗き込む。目は潤んでいる。
「酔ったのだ。気持ち悪いのだ。」
「ごめんねえ、いつまでたってもあたし、2人乗り上手くならなくて・・・。」
「気にするななのだ。俺は強い子よい子リーヤなのだ。」
真っ青な顔で、リーヤが立ち上がった。
「それよりここは、どこなのだ?」
「ホテルだよ。」
よく見ると、素敵なベッドの上にいる。
「はあ!こっ、こっ、こっ、ここは!。」
「前から入りたかったんだよねー。お城みたいなホテル♪。」
「そうなのだ!行きたいって言ったら、セラヴィーに、大人になってからって言われたのだ!もう俺 達は結婚して、大人だから、いいのだ!。」
「やっぱり中もかわいいね!お人形がいっぱいだよ〜。」
二人は手を取り合って喜ぶ。
「部屋にね、お風呂があってね、かわいいの〜。」
「ほんとなのだ!さっそく入るのだ!。」
チャチャが顔を赤くする。リーヤはにこっと笑って
「レディーファーストなのだ。チャチャ先にどうぞなのだ。」
チャチャは顔を赤くして困ったような顔になる
「あ、あのね、リーヤ。」
「どうしたのだ?チャチャ?。」
「あ、あの・・その・・・。」
うつむきながらチャチャが言う
「い、一緒に入らない?わたしたち、結婚したんだから・・・その・・・。」



「・・・チャチャ。」
顔を赤くしながら照れるチャチャが、凄くかわいい。リーヤまで顔が赤くなってしまう。
「なんだかチャチャ、ものすごくかわいいのだ。チャチャがしたいようにしたいのだ。俺はチャチャが大好きなのだ。」
「リーヤ・・・。」
脱衣所で、リーヤは、後ろを向きながら服を脱ぎ始める。
「あっ。」
「どうしたの?リーヤ。」
「い、いや、なんでもないのだ。気にするななのだ。」
リーヤは、もう大きくなっている自分のモノに驚いてしまったのである。
(一緒にお風呂なんて、どうしたらいいのだ・・・我慢できないのだ。早くこすって気持ちよくなりたいのだ。チャチャの前ではそんなことできないのだ)