どろしーの朝
一週間に2、3回のペースで、下半身に違和感を感じる。
これは自分が16歳頃から始まった症状であり、少女から女性への成長の印であるのだと、なんら不思議には思わなかった。
しかし、それがある日は必ずおかしな夢をみる。
泣き叫んでも、誰も助けにはこない、寝覚めの悪い夢…。
そんな日に、アイツのヘラヘラ笑う顔をみると、やけに腹が立つ。
いや、それ以上に嫌悪感や憎悪といった、なにか別の感情が沸き上がるような…。

なぜ…?



どろしーは、カーテンの隙間から射し込む、やわらかな陽射しに起こされた。
ゆっくりと微睡む中、瞬時に吐き気のような感覚にとらわれ、口を押さえる。

「また…あの夢…」

食卓への足取りが重い。
でも行かなければ子供たちが心配するし。

あぁ…セラヴィーの顔みたくないわ…。