「なあラスカル…私とバナナ組のガキ共と、どっちが大事なんだよ?」
「…ガキ共。」
「……!!もういい!今度こそオカマんとこに嫁にいってやるー!!」
「は?何言ってんだまやちょん(笑)冗談だよ。
 ほら、早く学校行くぞ。
 あーでもまた一緒に登校したらまずいかもしれんが…
 今日は私が先に行くからな、わかったか?」
「…なんだよ、なんでいつもちゃんと答えてくれないんだよ…
 そんなにガキ共にシットしてるのが変なのかよっっ」
「ちょっおいまやちょん!?どうしたんだ、ちょっと今日おかしいぞ?」
「いつもそうやってはぐらかすからだよっラスカルなんて…もう…」
「………」
「うっうっぅっ」
「………まやちょん…」
「…!?」
「ごめんな、まやちょん…」
「ちょっ離せよっなんだよ急にっ!もうっ!んんんっ
 あ、ちょっと、おいっやめろっっ」
「…おとなしくしろ、私の女だろう?」
「んんんんっ!!あっそこ、ちょっと、だめ、やああああっ!!」
「まやちょん、まやちょん…」
「今は…っだめっトイレ行ったばっかだし…ラスカルっおいラスカル!」
「ほら、すぐ濡れるくせに」
「あああああっだめ、あっあっあっあっあっあーーーんぅぅぅぅぅ」
「…好きだよまやちょん…っうっくぅっ」
「あああああも、もうだめ、ラスカル、イク、あ、あ、あ、ああ!!」
「……っっ!!」
「はぁはぁはぁ…ら、ラスカル…?」
「まやちょん…」
「もうっなんなんだよ…バカやろー…」
「私が…その、愛せる女は…まやちょんだけなんだよ…
 言わなくてもいつかわかってくれると思ったんだが…。
 こうした愛し方じゃだめか?私は不器用なんだよ。
 …あぁ、こうやって抱きしめてただけで安心する」
「…ラスカル…」
「今日だけ学校休むから、まやちょんも休め。
 まだしたりないだろう?」
「ったくっっっ!!しょーがねーなーっ園長先生んとこ電話するからなっっ」
「あ、ついでにラスカルの嫁になりますってのも伝えるんだぞ」
「…え!?」
 fin♪