夏の昼下がり。
チャチャはカーペットの上で、すやすやお昼寝中。

そこに、大きなビンを抱えた狼リーヤが、鼻歌を歌いながらやってきた。
「今日はしいねちゃんもポピーくんもいないから、
チャチャと二人でこのハチミツ、仲良く食べるのだ〜!
チャチャ、早く起きないかなぁ〜」

瓶には、たっぷりのハチミツが入っていて、リーヤの視界を阻んでいた。
ちょうどチャチャの近くまで来たときに、
リーヤは、足下にあったうさぎのぬいぐるみにつまづき…。

ぽてっ。

がちゃん。
「……ああっ!!」
転んだリーヤが起き上がった。
慌てて、手を離してしまったハチミツ瓶を見る。
瓶は割れてはいなかったが、横になった瓶からハチミツが流れ、
ちょうどチャチャの、白いレースのキャミソールが、ハチミツだらけになっていた。
当然、そこから床にもぽたぽた零れ始めている。

「ど…どうしよう…セラヴィーに怒られるのだ…きれいにしなきゃ!」


幸いにも、チャチャはまだ起きていない。気持ちよさそうに眠っている。
「チャチャも起こさないようにするのだ…
万が一セラヴィーに告げ口されたら怖いのだ…」
そう呟くと、とりあえず、カーペットに滴るハチミツを、ぺろぺろと舐め始めた。
「甘いのだ〜♪…って、そんな場合じゃなかったのだ、
チャチャにこぼした奴を舐めないと、どんどん床が汚れるのだ」
リーヤにしては賢い状況判断である。

とりあえず、チャチャの横に行き、
腰の辺りから垂れてきそうなハチミツを、そーっと舐める。
ぺろん。
…起きないかな…
リーヤは不安そうにチャチャをのぞき込む、が、チャチャは起きない。
「多分、大丈夫なのだ」
小声で自分に言い聞かせ、軽い体で、ぴょんっとチャチャのスカートの上に飛び乗る。
そうして、キャミソールの上のハチミツを、大急ぎで、でも出来るだけ静かに舐め始めた。
ぺろぺろぺろ、ぺろ…
お腹の所は舐め終わって、胸の下辺りに溜まったハチミツを舐める。
ぺろっ。

「…ふぁ…っ」
「チャ…チャチャ?!」
体が揺れ動き、少し声がして、ぎょっとチャチャを見るリーヤ。
だが、チャチャは眠っている。寝言だったようだ。
「ふー、よかったのだ。…ああっ!!」
その時リーヤは気がついた。
今チャチャが動いちゃったせいで…キャミソール上で納まっていたハチミツが、
キャミソールの下、胸の方に、でろでろと垂れていっている!

「うわー、チャチャ、ごめんなのだ!オレがきれいにするのだ!」
リーヤは慌てて、チャチャの腰の方まで移動すると、
キャミソールの下に、狼の顔をわふわふ突っ込んだ。


キャミソールの中の、まだ小さな膨らみ。
…その谷間に、きらきら輝くハチミツ。
リーヤはハチミツのことで頭がいっぱいだった。
「早く舐めなきゃ…♪」
一方ではセラヴィーに叱られることを怖れていたが、
一方ではハチミツがおいしくて、止められなかった。

「起こさないように、ゆっくりなめるのだ〜」
キャミソールの中でもぞもぞしながら、ハチミツがたっぷり詰まった浅い谷間に、
そーーっと、舌を這わせた。
ぺろ……

「ん…あ…」
チャチャがまた声を出したようだった。リーヤはまたびくっと体を震わせる。
でも、今服の中なので、チャチャの様子は見えない。
「…もっと優しくしないと、チャチャが起きちゃうのだ」
そう呟くと、今度は膨らんだ白い胸を見る。
ピンク色の乳首に、たっぷりハチミツがかかっている。

「…なんだか、イチゴ味のプリンみたいなのだ〜!」
リーヤの目が純粋にきらきらしている。
「でも、そーっとそーっと」
そう言うとリーヤは、はやる気持ちを抑えて、乳首の上で舌を転がした。

れろれろれろ…
「ふあぁ…んっ…」
「…あれ?さっきより優しくしたつもりだったのに…」
チャチャの声に再びリーヤが不安になる。
「とにかく、早く舐めちゃうのだ。
ぺちゃぺちゃぺちゃ、れろれろれろ…

ぴくんぴくん、と、チャチャの体が震えた。
「あ…あぅ…リーヤあ…」
明らかに自分を呼ぶ声に、リーヤはどきっ、とした。


「チャ…チャチャ…起きちゃった?」
キャミソールの中で、リーヤが呟く。「セラヴィーには…言わないで欲しいのだ…」
そう言いながらも、今度は乳首の周りの柔らかい部分を、大きな舌でべろべろ舐める。
リーヤは、ハチミツをキレイにする作業が悪いことだとは、微塵も思っていなかった。

べろん…べろん…べろ…
「…リーヤ…あ…あぅ、や、なんか、なんか、へんなの〜」
チャチャは起きてしまったようだ。
体をよじりながら、何だか高い声でリーヤにそう言った。
キャミソールがハチミツでべたべたになったことを言っているのだと、リーヤは思った。
何せ、このふわふわのレースのキャミソールは、チャチャのお気に入りだったから…。

「ごめんなのだ…でも、言わないで欲しいのだ…」
ぺろん。
「ひぁあん!…それって、それって、リーヤと私の、秘密ってこと?」
「そうなのだ。秘密なのだ」
リーヤはもう片方の胸の先っぽに舌を移すと、
もう起きているからいいや、と、思いっきりべろべろと、舐め始めた。

「ふぁああぁ!!あぅっ、やん、リーヤ、体が、何か、とろけそうなのぉ」
明らかにいつもとちがう声でチャチャが叫んだ。
なぜかリーヤもその声にぞくっ、と、体が熱くなる。
が、意味は全くわかっていないのであった。
「(ハチミツでキャミソールが)溶けそうなのか?ごめんなのだ…
でも待つのだ、止められないのだ〜(ハチミツがうますぎて)」
ぺちゃぺちゃぺちゃ…
だんだんリーヤの唾液が混じって、チャチャの胸はすごいことになってきた。


だいたいハチミツを舐め終わったリーヤ。
チャチャの胸はツンと立って、ちょっぴりアポロチョコみたいになっていた。
ちょっとそれは惜しいが、まずはちゃんと服のことを謝っておこうと思った。
「チャチャ!ごめんなのだ…っ?」
今度はキャミソールの上から顔を出して、チャチャを見るリーヤ。
だが、そこで、はっとした。

「り…りーやぁあ…」
チャチャの瞳は潤み、顔は真っ赤だった。
服の中だと聞こえなかったが、チャチャの息は微かに、荒い。
リーヤの体が、急に波打ってくる。自分の意志に関係なく。
「ど…どーしたのだ、チャチャ?!」
ぎょっとしてチャチャを覗き込む。
「…わかんないの…でも、何かどきどきして、熱くって、もぉ…」
…もしかして、怒ってるのか…?
リーヤがぎくり、とした。
「…あ…あの、チャチャ…?オレ、チャチャのして欲しいこと、なんでもするのだ…だから…その」
「……」
「…ダメなのか…?」
「…ホントに、なんでも?」
チャチャが、泣きそうな顔で、リーヤを見つめた。
リーヤの全身が、その顔の可愛さに、やられた。

「う、あ、あ、ホントなのだ、なんでもするのだ、毛皮とかじゃなかったら…」
おずおずと、チャチャを見上げる狼リーヤ。
その瞳はいつものように丸く純粋だったが、頭の中では一つの不安がよぎっていた…

(うわーーー!!またオレのち○ちん、大きくなっちゃったのだ〜!!
 悪いこと考えてたらこうなっちゃうって、セラヴィーが言ってたのだ!
 かみさまはちゃんと見てるのだ〜…どーしよー)
…当然、セラヴィーの言葉は、子供に対する性教育と同等のものなのだが。
だがそれを信じ切っていたリーヤは、
チャチャの欲情した顔に興奮して勃起した自分を責めるのだった…

(うう…チャチャの言うこと聞いたら、かみさまゆるしてくれるかな…
ハチミツこぼしてごめんなさい…)


「あのね、リーヤ、…さっきの、もう少しやって欲しいの…」
チャチャが、恥ずかしそうに、リーヤにそう言った。
「はぅっ?!」
リーヤは意外なお願いに丸い目をさらに丸くした。
もっとキレイにハチミツを掃除しろ、と言う意味かも知れないと思ったが、
まだハチミツの香りがするチャチャの肌を舐めるのは、リーヤにはたまらなく嬉しいことだ。
「そ…そんなんでいいのか…?」
「う……うん…何でかわかんないけど…気持ち良かった…から」
「わーーーい!」
リーヤは、チャチャの胸の間から、もふもふと再び服に潜り込んだ。
さっきアポロチョコだった胸は、ますますかわいらしく尖っていた。
「ハチミツ味のチョコなのだ♪」
そう独り言を呟くと、リーヤはぺろぺろぺろ、と、乳首を攻めていく。

「ぁぁあっ、ふぁ、リーヤっ、何かじんじんして、リーヤの舌が柔らかくてっ」
「チャチャのお肌も柔らかいのだ!ミルクプリンみたいなのだっ」
最初はハチミツの残りを楽しんでいたリーヤだったが、次第に意志とは関係なく、
はぁはぁはぁ、と、荒い息が漏れてくる。
同時に、少し不安も大きくなる。

(あぁ…さっきからち○ちん、どんどんおっきくなってくるのだ…固くなってきたのだ…
これって実は悪いことしてるのか…?ちゃんと謝らないとだめなのだ〜)
訳もわからないまま、本能のままにチャチャのお腹に、大きくなるそれを擦りつける。
当然、舌は休めない。チャチャの頼みだからだ。
「あ、もこもこわんわんの毛と足が、ふぁっ、お腹に、くすぐったいよぉ、リーヤあ」
チャチャが喘いだ。どうやらリーヤの腫れ物を、足と勘違いしたらしい。
「あ…ごめんなのだ…」
リーヤは言うが、腰の動きは止まらない。
くにっ、くにっと、チャチャのお腹に擦れては、弾力で跳ね返される。
それが何だか、気持ちよくなってきた……


リーヤは、まだ仰向けチャチャの服の中でもごもごしながら、
腰を擦りつけ、それでも舐めるのを止めなかった。

「り…り、り、リーヤぁ…ぁっ」
未だ胸を責められ続け、声が上ずったチャチャが、リーヤを呼んだ。
何となく悪いことをしている気持ちが拭えないリーヤは、ぎょっとして腰を止めた。
「な…なんなのだ」
「あ…あのね…何かさっきから…ぱんつの中が熱くて、おかしいの…」
リーヤにはチャチャの表情は見えないが、どことなくチャチャの声が弱々しい。
「ぱ…ぱんつ?」
リーヤは固まった。ちょっとまたち○ちんがおっきくなった気がした。
「そこも……今みたいに…して欲しいの」
「??どうして欲しいのだ?」
リーヤは本当にわからず、そう聞いた。
何故か、チャチャがびくっ、と身体を震わせ、言葉を濁す。
「あ…やっ…それは…はずかし…の…」
「どうして欲しいか言ってくれないと、出来ないのだ…」
リーヤに悪意は無いのだが、なんだかチャチャは言葉で辱められている。
「…あ…中を…ぱんつの中を…舐めてほしいのっ!」

「えっ?!」
リーヤが驚く。
もしかしたら、ぱんつの中まで、ハチミツが流れていってしまってたのだろうか??
「ご、ごめんなのだ、気づかなかったのだ、すぐやるのだっ」
リーヤはキャミソールから出てきて、そのままチャチャの足元まで飛び降りると、
寝転んでいるチャチャの白いスカートを見る。
このスカートも、ふわふわレースキャミソールとおそろいで、ふわふわのレースで出来ている。
セラヴィーが部屋着として作ったものだったが、
チャチャはお姫様みたいで可愛いと、とってもお気に入りだったのだ。
そのお姫様のスカートに、リーヤはわふわふと顔を突っ込んだ。


「チャチャのぱんつなのだ…とりあえず中を確かめてみるのだ」
リーヤは、鼻先でかぼちゃぱんつの隙間に入る。
「ふぁぅっ」
チャチャが、普段あまり出さないような、甘い声を出す。
(…ホントだ、濡れてるのだ!こんなとこまでハチミツが流れてたのだ)
リーヤは肉球でぱんつを押しのけた。
チャチャのピンク色した柔らかそうで割れ目が、リーヤの目に飛び込んできた。
おっきくなるち○ちん。熱く蒸れた空気。そして、割れ目から滴ろうとする、液体!
「こぼれるのだっ」
リーヤは動物的反射神経で、そこをべろん、と舐め上げた。

「ふぁあああぁっ!」
突然チャチャが甲高い声で喘いだ。同時に体に力が入り、開き気味だった股が閉じようとする。
丁度足の間にいるリーヤは、潰されそうになった。
「わ、チャチャ!だいじょうぶか?」
その声でリーヤに気づいたのか、チャチャの足の力が、緩められる。
「はぁぁああ、す、すごいのリーヤぁ…今つま先から頭までびくびくって…したの」
「へ…へーきなのか、それ」
「わ…わかんないの…でも、もっと、して欲しいの…」
チャチャの声がなんだか幸せそうにうっとりしていたから、リーヤも安心する。
「わかったのだ。ちゃんと舐め取るのだ」

リーヤはくんくん匂いを嗅ぐと、もう一度浅く、ぺろぺろと舐めてみる。
「ひゃあああ!」
ぺちゃ、ぺちゃ、ぺちゃ…
「…これ、はちみつじゃないのだ、でも、なんかいっぱい舐めたくなるのだ」
この匂いを嗅ぐほど、リーヤの下半身も、はちきれんばかりに充血していく。
そのことを微かに気にしながらも、リーヤはただ舐めきろうと、舌で掬い上げる。
じゅる、じゅる、じゅる…
「おかしいのだ。何度舐めても無くならないのだ」
「ふあっ、あっ、リーヤ、…きもちっ、あ、きもちぃの」
「ちゃんと奥まで舐め取らなきゃ…」
リーヤの長く柔らかな舌が、割れ目の奥まで、丁寧に伸びる。
くちゅう、くちゅ…
「リーヤああ、そんな奥まで、ぁああ、からだがぐちゅぐちゅするのっ、っだめぇえ!」
「…駄目なのか?」
馬鹿正直なリーヤは、そこでぱっと、動きをやめる。
「!!、り、リーヤ…やめないで、もう少ししてて欲しいのっ」
じゅぶじゅぶになった秘部をひくつかせながら、おねだりするチャチャ。

「…どっちなのだ…」
少し混乱したが、リーヤもどちらかというと、舐めていたい。
リーヤはもう一度改めて割れ目を見つめる。ジューシーでなんだか、おいしそうだ。
じゅる…
舌なめずりするリーヤ。
そのとき、割れ目の上のほうに、なんだか丸いポッチのようなものがついていることに気がついた。
「…?何かのスイッチか?」
ちょっと興味を持って、リーヤはそのポッチを、舌でれろれろと弾いてみた。

「ふぁああああああああっ!!」
その瞬間、チャチャは今までに無いほど激しく身体を反らせた。
足に力が入ってしまい、リーヤを今度は思い切り挟み込んでしまった。
「ぎゃっ」
リーヤは痛さに思わず飛び上がり、スカートから飛び出し、背中を打ってしまった。


…数秒後。
「…リーヤ、どうしたの、…これ?」
倒れたリーヤを、半身起きたチャチャが覗き込む。
リーヤははっとする。今、仰向け。ってことは、……丸見え…?


「きゃーーーーーーーー!!見ないでーーーーーーー!!」
リーヤは目を血走らせて、オオカミの手で自分の股間を隠そうとした。
だが、ギンギンにいきり立った獣のモノは、肉球ぐらいで隠れるはずが無い。
「………リーヤ」
チャチャは、顔を赤くしたまま、呆然として、それを見ている。
さっきの名残がまだあるからなのか、息は、はぁはぁと荒いままだ。
「チャチャーーー!!けいべつしないで欲しいのだ!!!」
リーヤは涙目でチャチャを見る。
「……ま、真っ赤になってるっ、リーヤ!痛そう、大丈夫?」
「大丈夫じゃないのだ、オレは悪い子だって、チャチャにばれたぁ…」
「ち、ちょっとリーヤ、じっとして!」
チャチャはあまりに心配になったのか、必死に起き上がろうとしていた狼リーヤを

ころん。
軽い力で転がし、充血したモノに、そっと触れた。

「ふぎゃお!」
リーヤは、思わず叫ぶ。
それは痛かったからではなく、余りにチャチャの柔らかい指が、気持ちよかったからだ。
「きゃああっ、ご、ごめんねごめんねっ、痛かった??」
チャチャが慌てて手を離す。だが、それは逆に蛇の生殺し状態だった。
リーヤは仰向けになったまま、顔だけチャチャのほうを見て、瞳を潤ませる。
「ち…違うのだ」
「わーん、どうしようどうしよう、えっと、リーヤの痛いの治すもの、出てきて!」
チャチャは思わず、魔法を使った。
が。

ポンっ!
出てきたのは、ひとかけら10グラムの、切れてるバターだった。
「…へ…??」
チャチャとリーヤは固まった。

「と…とにかく、出てきたんだから…これを塗ったらいいのかしら?」
「チ…チャチャ、やめるのだ、そんなもん塗っても治らないと思うのだ」
「やってみないとわかんないわ!大丈夫、悪くなったりはしないと思うの」
チャチャはバターの包みを開けると、
既に柔らかいバターを手のひらで潰し、まず手に広げた。

「やめるのだーーー!!…っ、ん?」
抵抗しようとしていたリーヤ。
だが、バターでぬるぬるになった手が、リーヤの真っ赤な先っぽに、触れた瞬間。
「ぁおぅん…」
とろけるような気持ちよさが、リーヤのモノに伝わる。
「塗ったら治るから、じっとしてて!」
それに気づかず、チャチャは夢中になって、獣のち○ちんにバターを丁寧に塗っていく。
根元から先っぽに向かって、塗り残しが無いようににゅる、にゅる、となで上げていく。
「わぅっ、チャ、チャチャ…」
お腹で擦りあげるよりずっと刺激的で気持ちよく、リーヤはへろへろになってしまった。
いつしかチャチャの息が、再び荒くなっていった。顔も火照ってきている。


…が、
当然、腫れ上がったモノは、さらに悪化してしまうのだった。
「ほ…ほらチャチャ、全然…治ってないのだ…」
骨抜きにされていたくせに、不安そうに呟くリーヤ。
「ぅ…ど、どうしよう…とりあえず」
「とりあえず?」
「ここにハチミツあるから、これも塗ってみよっか?」
にっこり笑って、チャチャが言った。意外と、弄るのが好きなようだ。
「ええっ!こ、これはトーストじゃないのだ、もったいないのだ!」
だが、チャチャは既に、瓶に残っていたハチミツを手に取っていた。
「やめるのだー、チャチャ!…ぅわぅうう」
…だが、再びチャチャの手がリーヤのち○ちんに伸びると、
おとなしくなって尻尾を振るリーヤであった。

ぬりゅ…ぬりゅ…ぬりゅ…
「すごぉい…リーヤのこれ、どんどん大きくなってくるの…」
「え、あ、それ、だめだと、思うのだ、だめだと思うのにぃいい、
いいのだっ、チャチャぁ〜、どんどん気持ちよくなってくるのだ、ぁあああ」
成すがままの狼リーヤ。時々ぐるると気持ち良さそうな唸り声が漏れる。
「うーんと、こんなもの…かしら」
チャチャが、一通りハチミツを塗り終わって手を離した。

その瞬間、リーヤは意外にも、蜂蜜のにおいに抗えなかった。
「…うぉおおおん、ハチミツもったいなぁああい!!」
リーヤは、自分の股間に塗りたくられたハチミツに、顔を近づけようとした!
…が。
「…届かない……」
しくしくと涙するリーヤ。
犬の仲間なのに、漫画的2頭身キャラである狼リーヤは、
股間を舐めることができなかったのだ。
(こんな勿体無いことしたから、かみさま怒ってオレのち○ちんおっきくしちゃったのだ…
どうしたらいいのだ。オレは悪い子なのだ)
「あ…ハチミツ嫌だった?ごめんね」
チャチャが謝る。だが、リーヤは悲しそうだ。
「…チャチャ、代わりに舐めてほしいのだ」
「…え?」
「バターもハチミツも効かなかったし…どっちにしてもキレイにして欲しいのだ!」
涙目で、リーヤはチャチャに懇願する。
「………う…でもっ…」
チャチャは、流石に躊躇っているようだった。が、
「さっきオレ、チャチャのぱんつの中も舐めたのだ、チャチャも同じようにして欲しいのだ」
その言葉で、流石にチャチャも折れた。
「……うん…わかったの。じゃ、そのあと、またわたしのぱんつの中も舐めてね」
「おぅっ」


「いただきまぁす…」
チャチャの可愛い小さな唇が、バターとハチミツでぴかぴかした獣の亀頭に、息をかける。
まだためらいは見えたが、やがて、そっと舌を伸ばし、ハチミツ棒に触れる。
れろっ。
「!!!!!―――」
リーヤの毛が逆立った。
ぞわぞわぞわっ、と、ものすごい興奮と快楽が、駆け巡る。
「ん…あ、ぅ…ん。リーヤの…おいひぃ…」
ぺちゃぺちゃ…
「あぅっ、あう、あうっ」
くちゅくちゅ…ちゅぷちゅぷ…

だんだんと、チャチャの唇が、全てのハチミツバターを味わおうと、上下に動く。
成すがままの犬。
「わぁおん、わぁおん…ちゃ、チャチャぁ、それ、止めちゃだめなのだぁああ」
「ぬ…うにゅ…やめなひ…」
じゅぷじゅぷじゅぷじゅぷ…
いつしか、ハチミツもバターも全て舐められ尽くしていた。
しかし、代わりにチャチャの唾液とリーヤの我慢汁が、
じゅるじゅると音を立てながらリーヤのち○ちんを覆う。
「チャチャーーーー!!ぁう、わう、わあうぅ、何か、何か、何かもう駄目なのだぁああ!!」
リーヤは愛するチャチャのフェ○に耐えられず、
とうとう溜まっていた欲望(悪の根源)を爆発させた!!

びゅくん、びゅくん、びゅくん!
「?!!」
チャチャは、口の中で暴れだす肉棒と、謎の液体に驚いているようだった。
だが、口に入れたものは残さず食べなさい、というセラヴィーの教えを守り、何とか飲み込んだ。
ごっくん。
「…ぷはぁあ!苦かったよぉ、今の何、リーヤ…?」
チャチャが口を離す。

リーヤは余りの気持ちよさに、放心して天井を見上げていた。
が、数秒後、ガバッと起き上がって、自分の股間を見る。
(…ち○ちんが…!)
「あ、腫れてたのがひいてる!」
チャチャも気がついたらしく、リーヤに頷いた。「良かったね!」
「うん、良かったのだ!」
(オレの悪い考えが、きっと今ので抜けていったのだ!もうオレは良い子なのだ!!)
リーヤは性欲も開放して、晴れやかな気分になっていた。

しかし。
「…リーヤ、約束なの。わたしのも舐めてほしいの」
チャチャが足を開いて、おねだりするような瞳で、リーヤを見つめた。
リーヤの悪の象徴は、再び大きく固くなったのだった…。


そして、その夜。
「何でこんなに毛がハチミツ塗れなんです?!飼い犬を洗うのは僕なんですから…嫌がらせですか」
「うぉおおお、床のハチミツはちゃんと舐め取ったのに、なんで怒られるのだぁあああ!」
リーヤのオオカミの毛は、ハチミツのべたべたで固まってしまっていた。
チャチャの上で色々やっているうちに、付いてしまったようだった。
「バカ犬…人間に戻れば簡単に洗えるんじゃないのか…」
しいねちゃんが呆れたように言った。
「とにかく、めでたしめでたし」
あれから満足するまで舐めてもらえたチャチャは、
いつものように笑顔で話を締めくくったのだった。

…だが、セラヴィーが怒っているのは、案外別のことなのかもしれない…。