どろしーちゃんが12歳か13歳ぐらいの時

「はい、どろしーちゃん。僕からのプレゼントです」
「な、何? いきなりプレゼントって……
(戸惑いつつも包みをガサゴソ開けてみる)って、ちょっ、何よこれ!」
「どろしーちゃんも、そろそろこういうのが必要でしょう?」
(包みの中にか可愛らしいデザインのブラジャーが)
「えっへん。僕がひと針ひと針手縫いで作ったんですよ。あ、もちろんサイズも
どろしーちゃんにぴったりだから、パットを入れなくても――」
「って、なんであんたが私の胸のサイズを知ってるのよーーーーっ(どんがらがっしゃーん)」
「(華麗によけつつ)あっはっは。好きな人の胸のサイズを知ってるのは常識じゃないですか。
去年と比べて5.8センチ膨らんでるのだって、ちゃんと知ってますよ!」
「#%&¥−$*+%!!!!!!(言葉にならない怒り)」
「サイズは大きくなってますが、乳首の色は去年と変わらず綺麗なピンク色で…(ウットリ)」
「……きらい(ぼそっ)」
「え? 何ですか? どろしーちゃん(にこにこ)」
「変態スケベセラヴィーなんて、だいきらい〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっっ(遠い所へ駆けていく)」
「あっ、ちょっ、どろしーちゃん待ってください、
とりあえずこれを胸につけて、僕と記念撮影を……っ(追いかけていく)」