「こんばんは、愛しのどろしーちゃん」
温かい気配とベッドが軋む音がして、重いまぶたを持ち上げると、隣には満面の笑みを浮かべる世界一憎たらしい、世界一の魔法使いがいた。
カーテンの向こう側はまだ暗く、時刻は夜中だと容易に分かる。
夜中に女の部屋に不法侵入だなんて、いったい何を考えているのか。
何か考えていたとしても嫌だが。
どろしーは夜中に起こされた不快感と、その他諸々のいろんな悪感情をまぜこぜにして眉間に皺を寄せる。
憎たらしい相手に背を向けるようにして寝返りを打つ。
もちろんその際に相手に蹴りを入れるのも忘れない。

「変態男、最低男、さっさと出てって自分の部屋で寝なさいよ」
「えー」
「えー、じゃないわよ」
ちらりと部屋の時計を見ると午前3時を示していた。
安眠妨害。
どろしーは不快な気分にますます眉間のしわを深くした。
相手がいつもどおりの、へらへらにこにこした雰囲気なのもどろしーの気分を悪くする。

「一緒に寝るくらい、いいじゃないですか」
「いくない」
「どろしーちゃんのいけず〜。こんなにも愛してるのに」
少し掠れ気味の熱っぽい声で囁かれ、背後から手を伸ばされてぎゅう、と抱きすくめられる。
相手の熱い体温が背に触れて、うんざりする。
眠気と、相手への不快感と、眠気と眠気で、どろしーはさらにうんざりする。
このまま一緒に目を閉じて眠ってしまえば話は早いのだが、それを許すわけにはいかなない。
相手に性的な目的があるにしろ、ないにしろ。

「もう子供の時とは違うのよ」
「子供だったら良いんですか」
「あんた、何言ってんの…?」
ぎゅうぎゅうと抱きしめられていて、振り返ろうにも振り返れず、相手の顔が見られない。
セラヴィーの言葉の妙な真剣味が気になって、どろしーは眠気を振り払おうと努力した。
首筋に、セラヴィーの熱い息がかかってくすぐったい。あつい、吐息。……………。


「セラヴィー、あんた…」
「子供だったら、良いんですね?」
どろしーが振り向こうと力を込めて思いきり身をよじると、それよりも先にぽひゅっと魔法が発動する音がした。
セラヴィーの拘束が解け、どろしーが振り向くと、そこには子供の姿のセラヴィーがいた。
それを見てどろしーはあきれて小さくため息をついた。
そして、起き上がり、子供の姿のセラヴィーを残してベッドから出て行こうとする。
「どろしーちゃん」
「おとなしく寝てなさいよ」
「一緒に寝てください」
「…ばかね」
どろしーはベッドサイドにあったカーティガンを羽織って立ち上がると、すがり付こうとするセラヴィーに布団をかけ直し、ため息をついた。
そして瞳が潤んで泣きそうなセラヴィーの髪をそっと撫でて、苦笑いした。

「あんた、風邪ひいたんでしょ。声も掠れてるし、熱もあるし」
驚くセラヴィーの額に手を当てて、ほらね、と軽くどろしーは笑った。
「どろしーちゃん…」
「喉にいい、蜂蜜レモンのあったかいの作ってきてあげるから、ちょっと待ってなさいよ」
そしたらぐっすりねむれるでしょうよ、と言い残し、ぺたぺたとスリッパの音をさせて、どろしーはベッドを離れていく。
ドアに手をかけて部屋を出ようとすると、セラヴィーがベッドから声を上げた。
「っ!どろしーちゃん、」
「…ばかセラヴィー。今日は傍にいてあげるわよ。あんた、昔から風邪ひくと寂しがりがひどくなるわよね」

子供の頃もセラヴィーは、熱が出ると人の周りをいつも以上にべたべたと、うざいくらいに離れなかったものだ。
意味もなく、いつも以上に輪をかけたように甘えてどろしーに擦り寄ってくる時は、大抵体の具合が悪い時で。
そんなことを思い出し、どろしーはくすりと笑った。
セラヴィーは居心地悪そうにベッドの布団に顔をうずめている。
そんなセラヴィーを見て先ほどまでの眠気と、気分の悪さはどこかにいってしまった。
頼られて甘えられるのは嫌いじゃないな、とどろしーは思う。
たとえそれが「大嫌い」な天才相手でも。
ぱたん、と扉が閉じて、台所へ向かうどろしーの足音が夜の家に響いた。


「ほら、作ってきたわよ、あと薬もね」
セラヴィーはどろしーから湯気を立てる蜂蜜レモンを受け取って、ちびちびと飲む。
あたたかくて、すっぱくて、甘いのはどろしーちゃんみたいだとセラヴィーは思う。
どんなに普段冷たかったりしても、最終的なところではいつも優しい。
飲み終わると、薬を差し出された。
黙って首を振ると、飲みなさいよ、と口をこじ開けようとしてきた。
乱暴などろしーちゃん、とセラヴィーは笑った。
セラヴィーはぽふり、と無言でベッドに倒れこんで、子供じみた薬を飲まない意思表示をする。
熱で頭がくらくらしていても、聞き分けの悪い子供のような真似をするのは少し楽しかった。
あぁ、今は子供の姿なんだっけっと、セラヴィーはどこか遠いところで思い出す。
「意地でも飲んでもらうわよ」
「意地でも飲みません」
「ふーん…」
目を閉じて、荒い息をついているセラヴィーを横目に、どろしーは薬と水を口に含んだ。
そしてどろしーは横たわっているセラヴィーの両脇に手を突いて少しずつ顔を近づけていく。
近づいてくる気配にセラヴィーが気付いて、目を開く前に、どろしーはセラヴィーの唇へ唇を押し付けた。

「!!」
どろしーが流し込んだ水と薬をこくり、と飲み込むとセラヴィーは信じられないといった面持ちで目を見開く。
水が全てセラヴィーに受け渡され、どろしーの唇がセラヴィーから離れる瞬間、セラヴィーの熱い舌がどろしーを捕まえた。
「……ん、…」
くちづけは熱っぽく、長く続いて、ようやく離れる頃にはどろしーの息も上がっていた。

「…………ばか」
「押し倒しても良いですか?」
「変態風邪ひきはさっさと寝なさいよ」
「ね、大人の僕でも、同じことしてくれました?」
返事の代わりに、布団を頭の上までかけられる。
けれど、視界が布団にさえぎられる前に、真っ赤な顔のどろしーが見られたからいいか、とセラヴィーは思った。
「寒いから、一緒に寝てください」
布団から手を出し、背中を向けているどろしーのパジャマを引っ張って、にこにこしながら催促する。
無邪気に笑う相手の要求を突っぱねきれないのは、相手が子供の姿だからか、風邪引きだからか、それとも。
どろしーは本日何度目かのため息をついて、子供の姿をした、バカで変態な幼馴染の隣にもぐりこんだ。
バカなのは自分も一緒だ、と思いながら。

次の日、風邪をうつされたどろしーをすっかりよくなったセラヴィーが看病しようとして嫌がられたりするのだが、またそれは別の話と言うことで。