「あああんっ、りーやっ、すごいっ・・気持ちいいよぅ」
「すごいぞ、チャチャのココ、舐めても舐めてもどんどん溢れてくるのだ」
「ああん、リーヤもっとぉ!あぐっ!!・・リーヤ何してるのっ・・痛い〜抜いて〜」
「俺のチンチン入れてみたのだ。すっごく気持ちいいのだ。あ、擦るともっと気持ちいいのだ。」
「いやーー。痛いよーーー。やめてーー」
「やめたくても気持ちよすぎて止まらないのだー。ハァハァ」

本能で生きるリーヤであった。おわし